原因を知ってしっかり脇汗対策!脇汗の原因いろいろ

honto

普通の人でも、暑くなったり緊張したりすると汗をかきますが、ワキガや多汗症にはいくつかの原因があります。

原因を突き止めないまま、制汗剤を使い続けてもうまくいきませんので『自分は人より汗が多いかも?』『周りにニオっているかと気になって仕方がない』という方は、脇汗の原因を調べてみましょう。

ワキガは高い確率で遺伝する

脇汗の中でも、強い汗臭を発するワキガは、かなり高い確率で遺伝します。
ワキガは優性遺伝なのです。

脇臭は人間にとって必要なものなのですが、現代社会においてはニオイを気にしながらの生活を送ることになってしまいます。

ワキガが遺伝する確率は、両親ともワキガの場合80%くらい、親のどちらかがワキガの場合は50%くらい、と言われています。

また、両親がワキガでなくとも、祖父母にワキガの人がいると隔世遺伝でワキガになってしまうこともあります。

生まれつき、ニオイの強い汗を出すアポクリン汗腺が大きい、さらに数も多いなどの特徴を持つワキガは、子供のころはそれほどでもないのですが、思春期にアポクリン汗腺が急激に発達してニオイを発するようになります。

ワキ毛や陰毛が生えてくるのもこの頃です。
アポクリン汗腺は性腺なので、性的成熟が始まったことの表れなのですが、何かと傷つきやすい時期でもあります。

お子さんにワキガが現れたなら、お父さんやお母さんが処置の方法を教えることが大事になってきます。

ご両親にワキガの方がいるなら、経験からくる対策もかなり重ねているので、自然に教えられることでしょう。

重く考えることはありません。女の子が初めて生理になったとき、処置のしかたをお家の方が教えるのは自然なことですよね。

お子さんにワキガが出始めても、それもまた自然現象のひとつです。
今後、集団生活をする上で困らないように脇汗対策を親子で実践していくといいでしょう。

子供さんへのワキガ手術もありますが、成長期に手術をしてもアポクリン汗腺が復活する可能性も大きいので、大人になるまではラポマインやクリアネオ、デオプラスラポなどの脇汗対策グッズでケアしていくのが好ましいです。

脇汗の原因には病気も潜んでいる?

byoki
脇汗が特に多く、ワキ汗で服が張り付くほどだったり、ワキ汗が目立つ色の服が着れないという方も多いことでしょう。

脇汗だけに注目した症状ということであれば脇臭症(ワキガ)、精神的緊張などが原因の多汗症があり、皮膚科では腋窩多汗症と診断されることがあります。

その他脇汗の原因となる病気としては、感染性の胃腸炎などで大量に冷たい汗を発汗することもありますし、心臓病で汗の量が増え、ニオイがしてくる場合もあります。

心臓病や糖尿病などの生活習慣病は、確実に汗の出方やニオイが変わります。ガンでも体臭が変わることがあります。

ワキガや多汗症の心当たりがない方は、いつもより汗の出方がおかしいと思ったら体調が悪いサインだと疑ったほうがいいでしょう。

また、肥満も脇汗の原因となります。
世界三大美女の楊貴妃は、実はかなり肥っていたというお話があります。
かなり贅沢な暮らしをしていたためその可能性は大きいですが、脇臭も相当なものだったとか…。

ただ、楊貴妃の脇臭に関しては、当時かぐわしい芳香とされていたようですので、脇臭に対する感じ方も、世につれて変わります。

肥満するとなぜ脇汗が多くなるかというと、単純に体重が重くなり、動き回るときにエネルギーを多く使うからです。

また、身体のお肉がむちむちと密着して汗を閉じ込めてしまい流れづらく、肌の常在菌と反応してニオイのもとになったりします。

脂肪の厚みも体温を上げるため、夏場はより発汗しやすくなります。
肥満の方はクリームなどでの脇汗対策とともに、体重も落とすよう生活習慣を変えていくといいですね。

食生活の改善で脇臭は減らせる?


これまでも、お肉中心の食生活は脇臭のもと、と書いてきました。

肉食の欧米人が、体臭が強いのはそのためです。アポクリン汗腺は皮脂やたんぱく質を分泌しますが、食事のあとの老廃物も分泌してしまうのですね。

そういうわけで、動物性たんぱく質であるお肉中心の生活が続けば、普通の人でも汗はツンとニオってきます。

人の身体からは、ほぼ必ず食べたもののニオイがします。カレーが続けばスパイシーなニオイがしますし、シチューを2回くらい続けて食べるとやはり野菜スープのようなニオイがします。

コーヒーを飲んだあとの汗やオシッコからコーヒーのニオイがしたりと、人は食べたり飲んだりしたもののニオイから逃れることはできません。

中でも肉類や脂肪分の多い食生活は、確実に体臭がキツくなりますので、肉中心の食事は毎日、毎回ではなく1日に1回か、2、3日に1回くらいにするとだいぶ体臭は減らせます。

ただ、動物性たんぱく質はカラダに力をつけるため必要な食材でもありますから、お肉は摂りすぎに注意するくらいにして、適度に食べて元気を保ちましょう。

ストレス、緊張、ホルモンバランスの乱れが脇汗のもとになる?

nayamu
過度の緊張やストレスがあると、誰でも汗が多くなるものですが、ワキガや多汗症の人はいつも汗が多くなってしまいます。

また、汗っかきの人は、一般的に神経質な方が多く、汗に対しても過敏になっています。

そのため、病院では過度の緊張や、ストレスからくる多汗症にプロバンサインとともに、精神安定剤を処方することも多いです。

大勢の人の前でスピーチをした後や、プレゼンの後などに汗びっしょりになっていた、という経験がある方も多いことでしょう。

精神的なストレスや緊張からくる発汗は自然なものですので、その時だけで終わるようなら特に対処はいらないです。

ちょっとイライラしたり、少しドキッとしただけでも大量の脇汗をかき、ワキ汗パッドやタオルが手放せないようであれば、やはり治療が必要になってきます。

そして前にも触れたとおり、性的興奮でアポクリン汗腺からの汗の臭いが強くなる人もいます。
これは男性が多いのですが、女性にもありますので、自覚があればケアをしておきましょう。

ホルモンバランスの乱れからくる脇汗は、主に更年期障害の女性に起こりやすいです。

更年期は女性ホルモンが徐々に減り、ホルモンバランスが乱れて自律神経失調症を引き起こし、さまざまな精神的、身体的不調が襲ってきます。

ホットフラッシュという、突然のぼせてドッと滝のような汗を全身にかくのも更年期障害の典型的な症状となります。

とはいえ、ホットフラッシュからくる汗は基本的に、それほどニオイはしません。アポクリン汗腺より、臭いの少ない汗をかくエクリン汗腺からの発汗が多くなるためです。

更年期の汗は臭い、という方も多いのでこれには個人差があるのでしょう。
運動不足になっている方の汗は濃くなっていて、ニオイがキツいこともあるようです。

また、ワキガの方はやはりホットフラッシュの汗もニオイの元となります。
ホルモンバランスの乱れからくる滝のような脇汗には、脇汗対策とともに更年期障害の治療も必要になってきます。

ホルモン補充療法や漢方薬で、ホットフラッシュはかなり抑えられますので、40代以降になって、理由なく突然ドッと脇汗をかいたあと動悸を感じるようなことがあれば、婦人科を受診してみましょう。

徐々に更年期が始まっている場合があります。

当サイトおススメ!脇汗対策の決定版

女性も子供も安心してお使い頂けます。 公式サイトで安心の90日間返金保証! モンドセレクション受賞 · 90日間は返金保証あり!