脇汗の多い人が着てはいけない服の素材は?

脇汗が多いと、ワキガであるとないに関わらず、汗のにおいとともに服の黄ばみや傷みに悩むことになります。特に、定着した黄ばみは、手洗いでもクリーニング店でも取るのが難しいもの。1回着て、汗ジミで服がダメになってしまった経験がある方も多いことでしょう。

そこで、ここでは脇汗の多い方が選ばない方がいい服の素材をピックアップしていきたいと思います。

汗かきな方に、シルクは鬼門!

silk
汗の黄ばみが取れない素材の代表がシルクです。これは汗かきの方でなくとも悩む方が多く、『シルク素材の汗ジミが取れない』という悩みがインターネット上に多く出回っています。そのため、脇汗が多い方の場合は、シルクは着ないほうが無難。

シルクはクリーニング屋さんでも手こずる素材で、業界用語では難洗衣料と言われているようです。酸にもアルカリにも弱く、汗や水濡れで色落ちもしやすいためでしょう。

シルクをドライクリーニングに出して、いったん汗ジミが取れたように見えても、時間が経つと繊維の中に染み込んだ黄ばみ物質が変色し定着してしまいます。黄ばみの原因は、アポクリン汗腺から出てくるリポフスチンという黄色い色素のため。

アポクリン汗腺の多いワキガ傾向の方は、さらに黄ばみが強くなります。また、シルクは保温性が高いことから、意外に汗が臭いやすいです。

ふだん汗が臭わない方も、シルクを着たら自分の汗が臭く感じることもありますので、大事な場面ではシルクを避けたほうがいいかもしれません。

ただ、例外的に『洗えるシルク』というものもあります。

シルクは基本的に手洗いや水洗いができませんが、洗えるシルクはTシャツやインナーに幅広く使われています。

洗えるシルクは、素材に撥水コーティングをしているものが多かったり、あるいは樹脂加工しているものもあり、本来のシルクよりは生地が硬く着心地はあまり良くないです。それでも、汗や汚れがついたら家庭で洗えるという点は大助かりですね。

カジュアルなトップスや、インナーにもよく使われますので、どうしてもシルクを楽しみたい方はこの手の商品を着て、なお制汗剤を使うと安心して着ていられます。いまでは樹脂コーティングをしないタイプの洗えるシルク製品も出ていますので、そちらも探してみたいもの。

とはいえ、どんなシルクでも1日着たらすぐに洗わないと、やはりどうしても汗ジミは出来てしまいますので、いちいち洗うのが面倒な方は黒や紺などの、濃いめの色を選んでおくといいでしょう。

ウール100%は避ける、着たいなら化繊と混紡のものを

wool
ウール100%のニットやカーディガンも、脇汗が多くにおいが気になる方は避けたほうがいい素材になります。シルクもそうですが、動物性の繊維は非常に保温性が高く、汗もにおいも溜まってしまうからです。極端な話、脇毛だってウール。

そのため脇毛が伸びていると、汗のにおいはこもりますよね。そういう点から、羊毛、カシミヤ、アルパカ、アンゴラなどの獣毛100%の素材は、汗かきの方は避けたほうが無難だと思います。

冬にセーターやカーディガンを着たい場合は、ウール20%、アクリル80%などの化繊との混紡がいいでしょう。ウールの割合が少ないと体温が上がりすぎないため、汗もそれほどかきません。

最近は暖冬傾向が続いていますので、ウールの割合が少なくてもだいぶ暖かさを感じられるようになっています。ニットを切るなら、なるべく薄手のものにしておき、汗がこもらないよう編み目の詰まったものは避け、インナーで汗を取るようにしておくとさらに安心できます。

なお、ニットに関しても汗の多い方は、日常的に着るものは洗えるタイプを選んでおきましょう。ニットを洗うとなるとひと仕事ですが、においや黄ばみを取るなら、やはり直接洗うのが一番いいからです。

化繊のようでいて化繊ではない、再生繊維のレーヨン

一般的に、洗いやすいポリエステルなどの化繊は汗ジミ対策にいいと言われています。化繊は放熱、放湿しにくく、汗ジミにはならなくとも汗がこもる、暑くなるなどの難点がよく指摘されています。とはいえ、すぐに洗えて丈夫なのが何よりですよね。

汗が多く、1日に何度も着替えなければならないような場合は化繊のトップスが何枚かあると非常に助かります。ただ、レーヨンだけは気をつけたほうがいいです。

レーヨンは化繊のようで化繊ではなく、木材パルプから繊維を取り出して糸とした再生繊維という部類に入り、天然繊維にとても近くなります。

それだったら、木綿のように丈夫なのでは?と思いますが、木材系の再生繊維はどちらかというと柔らかく、シルクのような風合いを持つため、水分に弱くシワにもなりやすいのです。

水ジミ、汗ジミの両方が出来やすく、レーヨンはちょっとでも圧力がかかるとヨレヨレになります。しかも水洗いができないものが多く、汗ジミができるとシルク同様ほぼアウトなのがレーヨン素材と言えるでしょう。

さて、ここでは汗ジミができるとほぼ使えない、汗が臭くこもりやすい素材をピックアップしてみました。もちろん、綿やポリエステル、アクリル、アセテート(半合成繊維)も汗が臭う時は臭いますし、汗ジミも出来ますが、なんと言っても丈夫で洗いやすい点が大きな強み。

脇汗の多い方は、シルク、ウール(100%)、レーヨンはなるべく避け、どうしても着る必要がある時にはしっかり制汗剤や脇汗パッドなどでの対策をして、大事に着たいものですね。