ワキガは手術しても再発する?その理由は?

『ワキガは結局のところ、手術しなければ治らない』という方もいれば、『ワキガは手術しても治らない。再発するから』という説も多いですよね。いったいどちらを信用したらいいの…?と、ワキガに悩む方は行き場のない思いを抱えていることでしょう。

結論から言うと、両方の話が正しいのです。重症のワキガで、制汗剤を1日に何回も塗り直さなければならない場合や、自分のニオイが気になって精神的に参っているなら、手術に踏み切るのもありなんです。ただ、再発が多いのもまた事実。

手術したはずのワキガはなぜ再発するのでしょうか?再発の可能性があってもワキガ手術はした方がいいのか、色々と考えてみましょう。

ワキガ再発の原因は、アポクリン汗腺の取り残し


ワキガの手術は、ニオイの元となる汗を出すアポクリン汗腺を除去するのが主です。レーザーで汗腺にダメージを与える処置法もあるものの、主な手術法は『吸引法』と『剪除法(せんじょほう)』になります。

吸引法は、カニューレという器具をワキに差し込み、アポクリン汗腺を吸い出す方法ですが、これは傷が小さくてもアポクリン汗腺の取り残しが多くなります。

そのため、一番多いのはいまも昔も『剪除法』で、医師が脇の下を数センチ切開し、執刀医の目視でアポクリン汗腺を取り除いていくといものです。

いまは脇臭症と診断されれば医療保険も適用になり、保険適用後だと両脇35000円~40000円前後で手術できる皮膚科が多くなっています。美容皮膚科、美容整形外科に頼んだ場合、保険適用は病院の判断となりますが、一般的な皮膚科では保険を効かせてくれます。

さて『剪除法』の場合、昔は入院して術後しばらくは腕を上げっぱなしにしていなければなりませんでしたが、いまはテーピングでワキが動かないようにしっかり圧迫・固定して帰宅でき、ワキ部分に水がかからないようにすればシャワーくらいは浴びられます。

自宅では痛み止めや化膿止めの抗生物質などを飲みなるべく静かに過ごし、1週間ほどで抜糸になります。それでいったん、ワキガの手術による処置は終わります。ところが、この時点でアポクリン汗腺は100%取り切れていない場合が多いのです。

そのため、ワキガは時間が経つと再発してしまいます。

それでも手術するなら、腕のいい先生を探しましょう

ワキガ手術の成否は、ひとえに皮膚科の先生の『腕』にかかっています。腕のいい器用な先生だと、傷口も目立たない上に100%に近い確率でアポクリン汗腺を取ってくれます。ほんのわずかな取り残しなら、手術は成功と見るべきでしょう。

また、アポクリン汗腺は再生するチカラが強く、そのため成長期(思春期)のワキガ手術はオススメしていないのですが、大人になってから手術してもアポクリン汗腺が復活することもあります。

自分のニオイやフェロモンを出す汗腺なので、本当はとても必要な汗腺なのでしょうね。

再発したらどうする?また手術はするべき?

術後すぐにワキガ臭が再発する方もいれば、20年、30年経って再発する方もいます。そこで再手術するべきかどうかという話ですが、ニオイの度合いで決めた方がいいでしょう。

もちろん、執刀医の腕が悪くアポクリン汗腺の取り残しが多かったのなら、病院を変えて再手術もアリかもしれません。

ただ、ワキガのニオイが前より減った、制汗剤は1日に1回で良くなったなどの効果を手術によって得られたなら、できれば再手術は避けたほうがいいでしょう。理由のひとつとして、局所麻酔とはいえ麻酔は以外とカラダにダメージを与えるため。

局所麻酔を経験した方ならわかると思いますが、麻酔が効いている最中は気分が高揚して、とても気持ちがいいですよね。その気持ちよさを経験すると、術後の痛みがなくなるとまた麻酔をしてもいいかなという気分になってしまいます。

ただやはり麻酔は麻薬のうちですので、徐々にカラダをむしばみます。重い病気の手術など の余程の事情以外の時は避けたほうがいいでしょう。また、再手術を繰り返すことは傷も残りやすくなりますし、術後のテーピング跡もシミになって定着する可能性があります。

いまは日帰りできる分、術後にワキを固定するためのテーピングはしっかりとしてくれますが、とにかく粘着力が強いので、一度のテーピングで出来た跡が1年以上取れないこともあります。

こういうリスクを背負うくらいなら、多少ワキガ臭が残ったとしても、以前より良くなったならあとは制汗剤を塗って脇汗とニオイを防いだ方が、カラダを傷めないと思います。

長年、ワキガに悩んだ方なら『ニオイ』をいっさい消し去りたい気持ちは痛いほどわかります。ただ、アポクリン汗腺除去の手術は『完璧にニオイがしなくなった、それが一生続いた』というケースの方が実に少ないのが現実です。

ワキガ手術に期待することは、ニオイの度合いを手術前より大きく軽減するという点に尽きるます。そのためデオドラントはやはり欠かせないものの、術前よりずっとラクになります。

塩化アルミニウムを使ってかゆみを我慢していた方も、ラポマイン、クリアネオなどの肌に優しい制汗剤を、朝晩ワキに塗布する程度で済むようになるのが期待できます。

ワキガ手術に根治はほぼない…あとは制汗剤で対処しよう!という気持が固まってから、手術に踏み切るのをオススメしたいですね。