足のにおいはミョウバンで消せる?ミョウバンの効果的な使い方

myouban

ミョウバンというと、茄子の浅漬けの色をきれいに保つために使うという用途が有名な上に、消臭効果も非常に優れています。

ミョウバンを含むワキガ用のデオドラント剤もあるほど、古来からにおい消しとして愛されているのがミョウバンです。

今の時代にミョウバンだけをわざわざ買ってきて使っている方はあまりいませんが、体臭に悩む方には人気が出てきています。

安価で手軽なミョウバンは、どう使うと効果的に足のにおいが消せるのでしょうか?

ミョウバンはどのように使ったらいい?

spraybottle
ミョウバンは硫酸塩の一種で、天然のものもあれば合成のものもあり、食品添加物として様々な使われ方をします。

ミョウバンには殺菌効果、収れん効果などがある上に、制汗作用や皮膚を弱酸性に保つなどの効果があるため、肌にも優しく安心して使えます。

足のにおい消しのためにミョウバンを使う場合、水に溶かすなどのひと手間が要りますが、制汗剤を買っても買ってもキリがないのが足の汗です。

安価なミョウバンで、ミョウバン水を作っておくとお財布にも優しいですね。
ミョウバン水の作り方は、インターネットで調べられます。

一般的な作り方を載せておきます。

作り方
ドラッグストアやスーパーで購入したミョウバン(100グラムで300~500円程度)を、50グラム取り出して、1.5リットルの水に混ぜます。

これは空のペットボトルでできます。
混ぜた時点ではミョウバンが溶けきらず白濁しているので、ミョウバンがすっかり溶けて透明になるまで待ちます。

その後2、3日後に透明になると、ミョウバン水の出来上がりですが、足に使うときはさらに薄めて使います。

50グラムのミョウバンに対し、1.5リットルの水でできるのはミョウバン水の原液になります。

足にスプレーするためのミョウバン水は、最初に作ったミョウバン水をさらに10倍から20倍くらいに薄めます。

薄めたミョウバン水は、100円ショップなどで用意したスプレーボトルに詰めて、足にスプレーするなどして使いましょう。

ミョウバン水の効果的な使い方

ashinoyubi
前項のようにして作ったミョウバン水はあくまで自作ですので、安全のためにも1ヶ月くらいで使い切るようにします。

ミョウバン水を薄めて作ったスプレーは、そのまま足にスプレーしてもいいですが、お風呂のあとの清潔な足にスプレーするとより制汗と消臭効果があります。

靴下を履く前にスプレーしておくと、足のにおいを防げます。
ミョウバン水はお風呂にも入れられますので、原液を100ccくらいお風呂に入れて体臭を防いでもいいですね。

ミョウバン水を薄めたスプレーボトルは、持ち歩きできるサイズも用意しておき、外出先で足のにおいが気になったらスプレーするといいです。

ミョウバンの制汗効果にも期待

wakispray
ミョウバンには収れん効果があるため、消臭だけではなく制汗効果も期待できます。
そのためお風呂上がりにミョウバン水を足にスプレーするのは、におい防止のほかに制汗もできるためです。

同じ理由で、足のほかにもワキや手などに塗っておいてもいいです。
ただ、ミョウバンの制汗効果はかなり強く、塗りすぎると汗が出ずのぼせてしまうこともあります。

汗を止めたい場所だけに使うのが安心ですね。
この、ミョウバン水だけでは足のにおいが完全に解決しない場合もあります。

それでも、ミョウバン水は肌に優しいので制汗剤を連用して肌荒れを起こした時や、お休みの日などでしっかり制汗剤を塗りこむほどでもない時にはとても便利なものですので、用意しておくと安心です。

自作ミョウバン水の原液は、冷蔵庫に入れておき早めに使い切るようにしましょう。

当サイトおススメ!脇汗対策の決定版

女性も子供も安心してお使い頂けます。 公式サイトで安心の90日間返金保証! モンドセレクション受賞 · 90日間は返金保証あり!