足のにおいに効く対策はある?足クサ対策いろいろ

leg

靴で密封された足に『臭うな』と言っても、本来は無理な話です。

しかし足の強烈なにおいは、自分も周囲も悩ませるものでもあります。

完璧消臭とまでははいかなくても、足のにおいを少しでも軽減して、幸せな毎日を送るには、どのような対策があるのでしょうか?

靴にも裸足は禁物

hadashi
足のにおいは、足汗が靴下に染み込み、靴の中で蒸れて雑菌が繁殖し、ニオってきます。

このニオイは、酢酸やイソ吉草酸の発生によるものです。
酢酸は汗のにおい、イソ吉草酸は足特有のにおいです。

イソ吉草酸は脂肪酸の一種なため、かなりこってりとした強烈なニオイを発します。
足のにおいはチーズのにおいとか、その他様々な発酵食品のにおいがします。

それに酢酸という、汗特有のアンモニア臭がプラスされるため足は激臭になってしまいます。

それが靴下にたまり、時間が経つことでにおいが靴にまで定着することから、靴下は履かないほうがいいと考える方も多いです。

しかし、靴下を履かなければ履かないで、靴に足裏が直接当たり汗の逃げ場がなくなります。

今度は靴そのものが不潔になる上、足の皮膚にも汗からくる『あせも』ができたり、塩分を含む汗のおかげで足指の皮膚が割れることもあります。

やはり、靴下ははいておくほうが足のためにはいいのですね。

靴は中敷きを使い、靴下の替えを持ちましょう

nakajiki
靴は、スニーカーなどではない限りなかなか洗えません。
そのため、足のにおい対策としては中敷きの使用をオススメします。

靴の中敷きには活性炭入りなど、消臭抗菌効果があるものが売っていますので、新しい靴を購入した時点で、中敷きも一緒に買っておくのが好ましいです。

また、靴の消臭スプレーも用意しておくと、なおいいですね。
中敷きは消臭効果がなくなったら、すぐに取り替えましょう。

また、靴下の替えは必ず常備します。いくら中敷きを敷いていても、足の汗は最初に靴下が受け止めますので、足のにおいが気になる方は、仕事中にでも取り替えておけるようにします。

消臭グッズや靴下の替えなどを毎日持ち歩くのは大変なことですので、職場に置ける方は置いておくといいですね。

靴下の替えは、電車の遅れで帰宅が難しいとか、災害時などの非常用としても助かります。

ただ、身近に迫る非常時というのはやはり、突然の飲み会の店が座敷だった、気になる相手からデートに誘われた、などの事態に遭遇した場合ではないでしょうか。

自分の足のにおいが想像できて、その場から逃げ出したくなる瞬間です。

そのため、アフターファイブの飲み会があったら、行き先に座敷があるかないか関係なく、靴下やストッキングは取り替えておくと安心ですね。

この時、足用の消臭スプレーもふりかけておくとより消臭できます。

足のにおい対策にも、制汗剤を使いましょう

stockings
多汗症とまではいかなくても、人によって汗の多い場所は違います。

どこよりも足の汗が凄い、という方もいて、この足汗のおかげで靴下を履いていても皮膚が蒸れる、指の間が割れそこに汗がしみる、あせもが出る、などの症状を訴える方もいます。

そういった場合はやはり、制汗剤が有効です。
ラポマイン、デオプラスラポ、デトランスαなどは足汗にも使えます。

特に塩化アルミニウム系のデトランスαは、足の汗腺を塞ぐタイプですので、どうしても足汗をかきたくない場面には有効です。

服装が限定されている法事などの場合は、女性は足汗をかくからといって素足ではいられませんし、夏場は靴下よりも黒いストッキングが主だったりします。

そんなとき、靴を脱いでお寺の中や食事処を歩くとき、床に足汗の跡は付けたくないですよね。大事な時に、周囲の視線が気になる事態は避けたいもの。

そんな時のためにも、普段はあまり使わない方も制汗剤は用意しておくと安心できます。

制汗剤は、何種類かお試し購入してみて、自分の足に合うものを見つけておきたいですね。

当サイトおススメ!脇汗対策の決定版

女性も子供も安心してお使い頂けます。 公式サイトで安心の90日間返金保証! モンドセレクション受賞 · 90日間は返金保証あり!