足のにおいを取るためには、どんな石鹸を選ぶといい?

自分の足のにおいに悶絶した経験がない、という方はほとんどいないでしょう。

足のにおいは、特別に足が臭いとか、汗の量が多い少ないにかかわらず誰にでも起こります。

そのため靴下メーカーが足クサ川柳を募集したりします。
足のにおいは、脇汗とくらべてあまり深刻に捉えられることはなく、むしろ自虐ネタか笑い話にしやすい話ですね。

しかし足の蒸れやにおいは放置できません。自分の足はクサくても、他人の足がクサいのはやはり遠慮したいところ。
それでは、なぜ足はそんなにクサくなるのでしょうか?

足は非常に汗腺が多い上に、靴で密封されて蒸れ、汗と常在菌が反応してにおいを発するためです。
また、足の多汗症というものもあり、足だけにたくさん汗をかく体質の方もいます。

この蒸れた足の足のにおいは、皮膚まで入り込んでいくため適当に洗っていては取れません。
ここでは、足のにおいを消す石鹸にはどういうものがあるのか見ていきましょう。

まずは、殺菌作用の高い石鹸を選ぶ


お風呂で身体を洗うときに、ボディソープを使う方は多いことと思います。

いちいち石鹸を泡立てるよりラクですし、石鹸よりマイルドな洗い上がりで保湿効果もありますので、ボディソープはお風呂に欠かせないものとなりました。

ただ、足に関して言えば、ボディソープはどうしても洗い方が甘いです。

殺菌作用の高い石鹸で洗った上に角質をすっかり落としたあと、ボディソープでもう一度洗って保湿するならいいかもしれませんが、ボディソープだけで終わりにするのは、足のにおい対策としては不完全です。

それでは、足のためにはどういった石鹸がいいのでしょうか?

昔ながらの薬用石鹸ミューズもいいですし、薬用ピロエース石鹸なども安価で殺菌消臭効果があります。

その他ブテナロック足洗いソープなど、足専用の石鹸も出ていますので、まずは殺菌作用の高い石鹸を上手に使ってにおいの元を断つのが大事です。

足は必ず2度洗い。逆性せっけん液を使う手もあり

wash
前の項にも書いたように、ボディソープで足を洗うのはかまいませんが、それはあくまで殺菌作用の強い石鹸で洗ってからのお話です。

すべすべとした足のために、ボディソープで仕上げ洗いをすることになります。
足用の石鹸として、逆性せっけん液を常備する手もあります。

飲食店で働いた経験がある方には経験があると思いますが、手を洗うときは逆性せっけんで洗ったあと、普通の石鹸で洗い上げるという2度洗いをして、徹底的に殺菌します。

逆性せっけんの主成分はベンザルコニウム塩化物液で、殺菌作用は非常に強いのですが、泡立ちはあまりありません。

普通の石鹸が、弱アルカリ性でマイナスイオン界面活性剤なのに対して、逆性せっけんは弱酸性のプラスイオン界面活性剤で、普通の石鹸と逆の働きをするため、逆性せっけんと呼ばれます。

この逆性せっけんの殺菌力と、普通の石鹸の洗浄力とダブルの作用で殺菌し、足のにおいの元を断ちましょう。

逆性せっけんは肌荒れがしやすいため、逆性せっけんで足を洗ったあとにボディソープで洗ってもいいですね。

石鹸は洗浄力が高いものを選びましょう

barbara
足のにおい対策に使う石鹸は、殺菌力だけで選ぶのではなく、洗浄力もよく検討しましょう。

たとえば身体の垢を落とす時、タオルやスポンジに石鹸やボディソープを泡立てて垢をこする事が多いですね。

ところが、洗浄力の高い石鹸を使うと、石鹸を手で泡立てて身体を洗うだけで垢などの角質が浮き上がってきます。
そういう石鹸は、顔のシミやイボなども落とすくらいの効果があります。

いまは諸事情であまり生産されなくなりましたが、シリアのアレッポ産の石鹸は洗うだけで全身の角質がポロポロと取れ、もちろん足やかかとの角質もラクに落とせます。アレッポの石鹸は、オリーブオイルとローレルオイルを主原料としていて、古代から美容のために愛されてきました。

そして、料理研究家のバーバラ寺岡さんが作った『バーバラちょうようせっけん』も、高い洗浄力とリピジュアの保湿力、両方を備えていますので、足のにおい防止には心強いです。

洗浄力の高い石鹸を選ぶ基準は、メイク落としができるかどうかです。
いい石鹸は、メイクを落とすほどの洗浄力がある上に、保湿効果も備えています。

その他、におい対策に特化した石鹸として、ミョウバン入りのドクターデオドラントやAGICA石鹸などもありますので、サンプルを取り寄せたり、お試し購入などをして色々と試してみましょう。

当サイトおススメ!脇汗対策の決定版

女性も子供も安心してお使い頂けます。 公式サイトで安心の90日間返金保証! モンドセレクション受賞 · 90日間は返金保証あり!