ブーツで蒸れる足のにおい対策 色々あるけどどんな方法が効く?

秋冬になると、ブーツを履く方は多いことと思います。女性はもちろんですが、男性にとっても、 ブーツはおしゃれと防寒を兼ねた大事なアイテム。

足元のおしゃれにこだわる方にとって、ブーツは欠かせないものですよね!ただ、ブーツを履いているともれなく発生する悩みが『足のにおい』。誰にとっても、ブーツを脱いだら足はとてつもなく臭くなっています。

そのため、急に脱げない靴をひとつだけ挙げるとしたら、間違いなくブーツになるでしょう。この、ブーツで蒸れる足のにおいには、いったいどんな方法で対策するといいのでしょうか?

ロングブーツにインソールは必須

ブーツが好きな人は、夏の終わりから冬?春先?初夏と、真夏以外はずっと履いていることも多いものです。そして、寒い時期は完全に防寒目的もありますね。ところが、ブーツの中は非常に足の雑菌が繁殖しやすい温度になっています。

足には、においが強くなる汗を出すアポクリン汗腺はないものの、エクリン汗腺が多く、足からかなりの汗をかきます。1日コップ一杯分とも言われる足の汗が、そのままブーツの中に溜まって雑菌が繁殖し、イソ吉草酸というにおい物質を発生させます。

これが足臭さの元となります。女性の場合は、ストッキングかタイツの足にブーツを履くことが多いと思うのですが、この時何も対策していないと汗はダイレクトにブーツの中に染み出し、逃げ場がなくなりブーツと足ごと臭くなってしまいます。

こうなると、足のにおいは洗って取れても、洗えないブーツには足のにおいが染み付き、靴そのものが臭くなってしまいます。そのため、ブーツを履くなら足と靴の両方をいたわる意味でも、インソール(中敷き)は必須になります。

ブーツを購入するときに、とりあえず靴屋さんで一緒に購入し、最初から敷いておくようにしましょう。その上で、用意できるなら消臭効果のある竹炭などを使った中敷きを探して入れ替えるといいですね。抗菌効果があればなお助かります。

ドクターショールや菌ピタ君など、足のにおい防止に特化したインソールが好評ですので、アマゾンなどで口コミをチェックし購入するのもオススメ。インソールを入れておくと。抗菌防臭のほかにも足汗で靴が傷みにくくなります。

においを防げて、靴は長持ちしますので、ブーツを買った時はインソールがマストのアイテムとなります。

あえて少し大きめのブーツを選ぶのもアリ

ブーツに限らず、冬靴は厚手のタイツや靴下を履くため、普段のサイズより0.5センチ程度大きめのものを選ぶこともあると思います。たとえば、普段24センチなら24.5センチを選んでみるなどですね。

大きい靴を選んだ結果、ぶかぶかで歩くのが危険そうならオススメできませんが、冬靴は意外にピッタリしているものが多いので、少しだけ大きいものを選んでも問題はないでしょう。

足のサイズより、ちょっとだけ大きいと隙間ができ、汗を吸わせるためのインソールやテイッシュなどを詰めやすくなり、また汗にも逃げ場ができます。さらに、薄手の靴下も履けますよね。

ブーツの足汗を吸わせるために靴下を履いている方は多いですが、ちょっと大きめのだと靴下を履いても足が締め付けられず、足の指にもストレスがかかりません。

フットスプレーは、夏の終わりに買い溜めしておきましょう

spray
秋半ばのドラッグストアには、見切り品になった制汗剤がワゴンに山積みになっています。ふだん、特に脇汗の悩みがない方はそのまま通り過ぎるかもしれませんが、ちょっと立ち止まって見てください。足汗用のスプレーがいくつかあるはずです。

ワキガの方が10人に1人という日本では、夏が過ぎると消臭スプレーの存在を忘れる方が多いのが現実ですが、冬場の足ムレは誰にでもやってきます。そのため、3割引くらいになったフットスプレーは夏の終わりが買いどき。来る冬に向けて、買い溜めしておきましょう。

そして家にひとつ、バッグの中にひとつ、職場にひとつ…という風に置いておくと、こまめに足の消臭ができます。ブーツを1日履きっぱなしということはそれほどないと思います。

職場ではパンプスなどの仕事靴に履き替えることになるので、そのタイミングでフットスプレーを使うといいですね。フットスプレーは、靴の中にもスプレーできるものが多いので、履き替えるときは靴の中にも吹きかけておきましょう。

このように、たっぷり使うためには、安いときに買い溜めするのが一番。フットスプレーにも相性がありますので、値下がりしている時にいろいろ買ってみて、自分に合うものを見つけるといいです。

『自分はワキガじゃないから大丈夫』と思っても、残念ながら足だけはもれなく臭いものです。特に冬場となると汗が濃くなっているせいか、なんともいえない、香ばしいにおいがします。

冬場の足のにおいは人それぞれで、夏はわりと酸っぱい系、下駄箱くさい系のにおいなのに対して、冬はタバコ?それとも燻製?なんか焦げている?というような感じのにおいになります。

そのため『私は大丈夫』と思わず、冬場の足ムレ、とくにブーツをよく履くなら足のにおい対策は徹底し、冬こそ爽やかに過ごしましょう。