突然噴き出す、原因不明の汗。多汗症の原因はどこに?

takansyo-cause

昔から汗っかきの人はよくいますが、最近増えているのは汗っかきを超えた多汗症、という症状です。

緊張したときや、意味もなく突然滝のような汗をかく多汗症。
ワキガとも違い、原因はまだはっきり解明されていません。

主に精神的なストレスや自律神経の乱れが原因とされていますが、多汗症の原因はもっと深く、いくつかの要素が重なっています。

何でもない時に、とつぜん大量の汗をかくなら多汗症を疑いましょう。

ストレスや体調不良で多量の汗をかくことは誰にでも経験のあることですが、自分で『汗をかきそうだな』と思っていない場面でも、ドッと大量の汗が出て手に負えなくなるのが多汗症です。

そのため、ストレスは多汗症の原因のごく一部で、自律神経の乱れや交感神経の異常が根本的な原因としてあげられます。

神経には交感神経副交感神経があります。交感神経は体や心が動いている時に働き、副交感神経は休むときに働く神経です。

多汗症は、交感神経の誤作動です。興奮したり緊張したりする場面でなくとも、ドッと汗をかいてしまうのです。

ただ、多汗症の原因はいまだにはっきりとしていません。

原因不明の発汗で困っている方がとても多いため、ひどい多汗症は難病指定されています。
発汗異常症、原発性局所多汗症などと診断されれば、治療に補助が受けられます。

多汗症の症状がひどく、日常生活にも支障をきたすようなら難病情報センターのサイトで調べてみるのもいいでしょう。

難病と認定され、治療に国の補助を受けられるようになるまでは、医師の診断と難病センターの認定と両方が必要で、何かと大変なのですが、手術が必要なレベルの多汗症なら、やはり医療費の補助は受けたほうが経済的にも安心して治療を受けられます。

ワキガの人は多汗症にもなりやすい?

waki
ワキガと多汗症は、汗の出る汗腺が違いますので、多汗症の汗はそれほど臭わないものです。
多汗症は、急激にドッと発汗するため、汗臭の少ないエクリン汗腺からの発汗が主になります。

そして、ニオイの強い汗を分泌するアポクリン汗腺からの汗臭が普通のレベルなら、汗は多くてもワキガとは言えません。

ただ、ワキガの方が多汗症も患うときがあります。多汗症も遺伝の要素が強いですし、ワキガで悩んでいることそれ自体がストレスになり、溜まったストレスが自律神経のバランスを乱して、交感神経の誤作動を生じ多汗になることもあります。

これが、ワキガと多汗症はまったく汗の性質が違うのに、どこか一緒にされやすいという点でもあるでしょう。
そして、ワキガと違っても、多汗症の方の汗がまったく臭わないわけではありません。

無臭のエクリン汗腺から分泌される汗には塩分が含まれています。

身体からは、汗だけではなく皮脂腺からの皮脂や老廃物も分泌されていますので、全身から大量に発汗したあとを放置しておけば、やはり汗と皮脂が混ざり合い、肌の常在菌が作用して臭ってきます。

そのため多汗症の方は、1日に何度も着替えないといけない、ワキ汗で服がはりつく、1日に何度も制汗剤を塗り直さないといけない、という状況に陥ってしまいます。

他の病気が原因の時もある

stress
前にワキガの項で、更年期障害の時期はホルモンバランスの乱れから『ホットフラッシュ』という症状が起こり、とつぜん全身にドッと発汗することがあると書きました。

原因を知ってしっかり脇汗対策!脇汗の原因いろいろ

2016.06.20
中年期以降の女性に多く、ホットフラッシュによる多汗にはほぼ必ず悩まされます。
また、難病指定されるタイプの多汗症でなくとも、他の病気から多汗傾向になることもあります。

バセドウ病、糖尿病、リウマチなどが多汗の原因としてあげられ。これらの病気は自己免疫疾患です。

自己免疫疾患とは、自分を病気から守るはずの免疫系が、内側から自分を攻撃して病気になってしまう性質の病気です。
生活習慣や遺伝のほかに、個々人の性格やストレスも大きく関わっています。

そのため、多汗症そのものの原因ははっきりとしていないものの、ストレスが強い状態の方に多汗症があるのは事実ですし、多汗症かと思ったら糖尿病になっていたというような場合も、原因の根はストレスを溜め込みやすい性質だったりします。

ストレスは万病の元なのです。

当サイトおススメ!脇汗対策の決定版

女性も子供も安心してお使い頂けます。 公式サイトで安心の90日間返金保証! モンドセレクション受賞 · 90日間は返金保証あり!