更年期の多汗症対策 ホットフラッシュはコントロールできる?

多汗症の原因は、精神の緊張が大きいとよく言われています。
また、緊張しやすい性質により自律神経に乱れが生じ、カラダや手足に大量の汗をかくのが、よくある多汗症の症状のひとつです。

そしてかなりの女性が経験するのが、更年期のホットフラッシュと呼ばれる、突然ののぼせが引き起こす滝のような汗。

このホットフラッシュは、時も場所も選ばず起こり、とにかく汗の量が大量なため、冬場に起こればカラダが冷えて風邪を引くことさえあり、更年期障害の中でも非常に困った症状となります。

それでは、ホットフラッシュによる大量の汗を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか。
ホットフラッシュはコントロールできるものなのでしょうか?

自律神経の乱れがホットフラッシュを呼ぶ

女性は40代の終わりころから50代にかけて閉経に入っていきます。
女性ホルモンが減少していくため、ホルモンバランスが崩れ、自律神経の乱れが生じて更年期障害の辛い症状が始まります。

特に、女性らしさにかかわるホルモンのエストロゲンが減少する影響は大きいもの。
若い人でも、生理の前はエストロゲンが減少しますので、更年期に近い症状に悩みます。それはPMS(月経前症候群)と呼ばれ、のぼせや動悸を感じることもありますね。

ただ、更年期障害と比べれば軽いことが多いですし、生理が来るうちはエストロゲンの分泌が続きますので、症状はおさまっていきます。

更年期障害は急激に女性ホルモンが減少し続けますので、ホルモンバランスは崩れたままで、自律神経はガタガタの状態。

更年期障害は、重症の自律神経失調症を抱えている状態とも言えるでしょう。
突然ののぼせからくるホットフラッシュは、自律神経の乱れが交感神経を誤作動させて、何でもない時にドッと緊張し汗をかきます。

このホットフラッシュが頻繁に続く場合は、症状にも汗にも対処が必要。
更年期だからと放置すると、動悸や不整脈なども起こってくるからです。

自律神経が不安定な状態は、やはり薬やサプリメントで和らげなければなりません。
更年期対策には、ホルモン補充療法をよく行います。女性ホルモンを飲み薬で補うことで、辛い症状はかなり軽くなります。

また、命の母やエクオールなどの市販薬、大豆イソフラボンのサプリメント、カモミールやレモンバームなどのハーブも、更年期の困った症状を和らげてくれます。

これらのお薬でホットフラッシュの回数はだいぶ減らせますが、それでも起こりますので、完全にコントロールはできません。

そのため、こんどは汗に対する対処が必要になってきます。

ホットフラッシュの汗は肌着+制汗剤でフォローできる

ホットフラッシュの汗の出方は人それぞれで、顔からドッと汗をかく方や、上半身から滝のように発汗する方、全身から汗をかく方など色々なパターンがあります。

また、汗の性質も普通の汗と違い『水のようにサラサラしている』という方もいれば、『ベタベタして臭う』という方まであります。

ワキガなどの、汗のにおいで悩んだ経験がない方は、更年期のホットフラッシュで大量の汗をかいてもサラサラしていて、臭わない傾向が多いようです。

ただ、これも汗対策をしている上での話になります。
臭わないタイプの汗でも、時間が経てば細菌が繁殖して臭ってきますので、汗をしっかり吸ってくれる肌着を着ておくことが大事。

大量の汗を吸う肌着として理想なのは、木綿のスリップです。
俗にババシャツ、ババスリとか、昔ならシミーズと言われる部類に入る肌着で、中高年向けのお店にはだいたい置いてあります。

木綿の上、さらにちりめん加工になっていれば汗を吸収しやすいので、ホットフラッシュに悩む方の強力な味方となってくれます。

木綿の肌着をしっかり着込むことによって、アウターにしみわたる汗の量を減らせた上、汗のにおいも防げます。

綿のスリップを近場で探すのが難しければ、Amazonなどのネット通販でも購入できますので、洗い変え用も含めて1週間分くらい調達しておくといいでしょう。
抗菌防臭加工がしてあれば、さらに使いやすいです。

下半身からも汗が流れるような時のために、綿のペチコートや、キュロットタイプのペチコートも用意しておくと安心。

あとは、汗がひどい時はすみやかに着替えることも大事ですし、こまめに拭き取るとにおいも防げます。
ホットフラッシュは、いつ来るかまったく予測ができません。

緊張やストレスが引き金になる場合もあるのですが、ほとんどの場合は何もないのに突然カーッと来ることが多いようです。

そのため、どうしても汗を止めたい場面があったら、制汗剤を使うことも必要。
いまは、顔汗を抑えるサラフェなどもありますし、ラポマインやクリアネオなどの穏やかな制汗剤が出ています。


いままで制汗剤と縁がなかった方にとっては、使用を戸惑うことがあるかもしれませんが、どれも肌に優しいものばかりですので、汗でお困りなら試してみる価値はあります。

制汗剤を顔やワキに塗っておくことで、いつ来るかわからないホットフラッシュに対してストレスを感じずに過ごせたら、毎日が快適になりますよね。

更年期は、ほとんどの方が5年から10年は味わう症状で、非常に長い付き合いになります。まれに症状がそれほど出ないまま閉経を迎える方もいますが、本当に数えるほどなのが現実。

更年期の間をできるだけ快適に過ごすため、いまはいいお薬やサプリ、そして制汗剤も色々と出ています。
それらを試しながら自分に一番合うものを見つけて、この時期を乗り切りたいものですね。