プラセンタは多汗症に効果あり?

プラセンタとは動物の胎盤エキスのことで、古来から美容・健康・滋養強壮に使われてきました。現代ではサプリメントで手軽に飲めますよね!サプリメントで摂れるのは、豚や馬のプラセンタが主になります。

また、医療機関でしか扱えないもののヒトプラセンタもあり、更年期障害や加齢による強い疲労を解消したり、美容効果を高めるために点滴や注射などで使われています。このプラセンタが多汗症にも効果が期待できるという話があります。

それでは、プラセンタの何が多汗症に効くのでしょうか?

プラセンタは自律神経の乱れを整え、新陳代謝を高める

胎盤は赤ちゃんを育てる場所ですので、非常に栄養豊富です。バランスが整ったアミノ酸、タンパク質、脂質、糖質のほかにビタミン・ミネラルそして核酸・酵素などの生理活性成分があります。そして、プラセンタを語る上で欠かせないのが『成長因子』です。

成長因子はツバメの巣などにも含まれます。ツバメにとっては、巣が胎盤代わりという考え方もできますね。この成長因子は新陳代謝を高めるチカラが非常に強く、カラダの老廃物をサッサと排出し、内臓などの働きを活性化させてくれます。

そのため、プラセンタを摂取すると徐々に汗の分泌も活発になることが期待できます。

ワキガや多汗症に悩む方にとって、これ以上汗が増えるのは勘弁して欲しいと思うかもしれませんが、汗はまんべんなく出ていたほうが、脇汗だけが特に多くて困る、という症状が軽くなっていくのです。また、プラセンタは自律神経の乱れを整えることで有名。

自律神経の乱れから起こることが多い多汗症は、プラセンタによって軽減できる可能性があります。もちろんプラセンタに劇的な即効性はないため、長く続けることが大事。プラセンタがどのくらい多汗症に効果があるのか、はっきりしたことはまだわかっていません。

ただ病院でプラセンタ注射を受けると、わりとすぐに汗が止まったという体験談もネットで見受けられます。たかがサプリ、されどサプリです。

プラセンタには、滋養強壮、美容効果のほかに、自律神経とホルモンバランスを整える作用が期待でき、トータルでカラダの不調に働きかけてくれます。また、プラセンタには活性酸素を除去する作用もあるため、加齢臭なども軽減されていきます。

プラセンタはどのように摂ったらいい?

緊張からくる多汗症の悩み、更年期障害のホットフラッシュなどにプラセンタ注射は非常に有効です。自律神経のバランスを素早く整えられるので、脇汗対策としてプラセンタ注射を選ぶ方も増えています。

ただプラセンタ注射はほぼ自費なので、1回あたり数千円から1万円、とけっこうお高いです。更年期障害や肝機能障害では、保険適用になる場合もあります。また、産後の乳汁分泌不全にプラセンタを使うときも保険適用になることもあります。

自分の多汗症が更年期障害に引っ掛かるようなら、クリニックの先生に保険適用になるかどうか聞いてみてもいいですね。保険適用になると、1回あたり500円からとだいぶ使いやすくなってきます。

とはいえ、いくら安くてもプラセンタ注射のために毎日病院へ通うわけにもいきませんし、近くにプラセンタ注射をしてくれる病院が ない場合もあります。そんな時には、手軽に買えるサプリメントに頼ってみましょう。

プラセンタサプリは濃度が高ければ高いほど価格が上がってきます。また、豚由来か馬由来かによっても価格が違ってきます。やはり馬由来のプラセンタは希少性があって高めです。そのため、巷で多く売られているプラセンタサプリは、豚由来のものが多いです。

フラコラの『プラセンタつぶ』など、ひと月あたり3000円前後の手軽なサプリから始めてみるのがいいですね。

それでちょっとでも効果を感じられるようでしたら飲み続けられますし、余裕があったら飲む量を増やすか、もっと濃度の高いものを購入してみるのもオススメできます。もう少し濃いタイプなら、『プラセンタ100』なども人気です。

脇汗の軽減が期待できるサプリとして『あせしらず』が有名なのは前にも書きましたが、こちらはカリウムによりカラダの水分バランスを調整するものでした。

プラセンタ注射や、プラセンタサプリは自律神経に働きかけて多汗症を抑えるものですので、どちらも併用してもいいかもしれません。

ただ、ひとつ問題として、プラセンタは様々な栄養が豊富なことから、アレルギー体質の方は何らかの成分に反応し、アレルギー症状が起きるリスクがあることです。そういう場合は、プラセンタの注射やサプリの服用は中止したほうがいいでしょう。

また、プラセンタ原液をワキに塗っても汗が止まることはありませんので、あくまで美容目的での使用に留めてくださいね。

プラセンタは、主に更年期の多汗症の方に効いているという口コミがネットによく上がってますので、そちらも参考にしながらプラセンタを使ってみるかどうか決めてもいいでしょう。