多汗症の治療にはどういったものがある?

uketsuke

多汗症、とひとことで言っても、日常生活に支障をきたし生活の質が落ちると、難病と認定され手術が必要なこともあります。

また、医師の診断でそこまでいかなくとも、更年期や精神的な緊張から人より多く発汗して困る場合もあり、いずれも治療が必要になります。

それでは、多汗症の治療法にはどういったものがあるのでしょうか?

飲み薬による治療法

pro-banthine
ワキガや多汗症で皮膚科へ行くと、たいていプロバンサインなどの抗コリン薬を内服薬としてもらってきます。

身体から発汗命令を出す物質がアセチルコリンという名前のため、それに対抗するという意味で、抗コリン薬と言われます。

効き目はしっかりとあるものの、汗が出なくなるということは体温調節ができなくなる、という面がありますので副作用はそれなりにあります。

口の渇きや、目が渇くことによるかすみ、便秘などが主な副作用となります。
この副作用を理解した上で、医師の処方を受けて使用することが大事です。

また、精神的な緊張で大量に発汗する場合には、精神安定剤が処方されます。
いまの精神安定剤はデパスが主流で、更年期障害やストレス性の胃潰瘍、うつ病、睡眠障害、肩こりなどに幅広く処方されます。

プロバンサインで発汗を止め、デパスで緊張をほどき汗そのものを出にくくすることで緊張性の発汗はだいぶ抑えられます。

また、漢方薬も多汗症の治療には有効です。五苓散(ごれいさん)などは昔から利尿効果があるため二日酔いに効くと言われてきましたが、最近では多汗症にも処方されることが増えています。

五苓散は、むくみなど水分の代謝がうまくいかない時にも使える漢方薬ですので、多汗症への効果も期待できます。

あとは、桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)も多汗症に処方される漢方薬のひとつです。大量に寝汗をかく症状に効くとされています。

多汗症に有効な塗り薬にはどういったものがある?

detrance
多汗症の場合でも、ワキガの方と同じように塩化アルミニウムを塗る場合が多いです。

塩化アルミニウムは、汗腺から出てくる汗と混ざり合うと結晶化し、汗腺をふさぐため、汗止めとしてはごく一般的なもの。

病院で処方される場合もありますし、デトランスαなどのロールオンタイプの制汗剤も塩化アルミニウム系ですので、まずはこちらを試してみましょう。

ただ、塩化アルミニウム系の塗り薬は、汗腺を塞ぐことから水疱ができたり、かゆみやかぶれを感じる方もよくいます。

もしこのような症状が出た場合はいったん使用をやめて、ラポマインデオプラスラポなどの、イソプロメチルフェノール系の制汗剤に替えるのもいいでしょう。

とはいえ、やはりしっかり汗を止めてくれるのは塩化アルミニウム系なので、こちらを使いながら他の穏やかな制汗剤とローテーションをして、塩化アルミニウムの副作用を減らすという使い方もあります。

多汗症に効く注射はある?

chusya
多汗症もワキガ同様、周囲の視線が気になる病気です。

ニオイはそれほどではなくても、ワキ汗で服が張りつくとか、ワキ汗が目立つ色の服が着れないとか、多汗症の悩みも深いものがあります。

塩化アルミニウム系の制汗剤はピタッと汗を止めてくれますが、あくまで一時的な療法ですし、連用することでかぶれや水疱ができる可能性もありますので、多汗症で困っているならボトックス注射も検討するといいです。

ボトックス注射は、抗コリン薬のように汗を出す神経伝達物質のアセチルコリンを抑えるため、注射を打った箇所の汗が出にくくなります。

ボトックス注射の効き目は半年くらいですが、皮膚科の診断で日常生活に支障の出る多汗症と診断されれば(腋窩多汗症など)、保険が適用されます。

多汗症にも手術ができる?

operation
ワキガと同じように、多汗症にも手術があります。

ワキガの場合は、汗腺を取り除く手術となりますが、多汗症の場合は交感神経を遮断する手術をすることがあります。

これは、あまりにも汗の量が多すぎてワキ汗パッドやタオルが手放せない状態だったり、暑さや緊張と関係なく大量に発汗して生活の質を落としている場合に行われます。

中でもETS手術(胸腔鏡下交感神経節遮断術)は、内視鏡で交感神経を遮断しますので、多汗症、とくに手汗で悩む方の最終手段となっています。

ワキ汗の多汗症なら、ワキガの手術と同じようにアポクリン汗腺、エクリン汗腺除去術が有効です。

手術の副作用としては、代償性発汗が主になります。汗は体温調節のために出るので、ワキや手から汗が出せなくなると、それ以外の場所(主に下半身)からの発汗が多くなります。

また、汗腺が減る、汗が止まることでのぼせや熱中症を引き起こすこともありますので、手術のメリット、デメリットを自分でもよく知って臨みましょう。

インフォームドコンセント(説明と同意)を必ずしていて、手術の方法や時間、費用、予後、副作用まできちんと説明できるお医者さんでないと、こういう人生をかけた手術は任せられません。

どうしても手術をしたい方は塩化アルミニウムやボトックス注射で汗を止めながら、じっくり腰を据えてこの分野の手術が得意な先生を探すといいですね。

当サイトおススメ!脇汗対策の決定版

女性も子供も安心してお使い頂けます。 公式サイトで安心の90日間返金保証! モンドセレクション受賞 · 90日間は返金保証あり!