噂のクリアネオってどんな感じ?使い心地や消臭効果はそんなに凄いの?

私がずっと気になっていた脇汗グッズ、クリアネオ。消臭力がすごいし全身にも使えるっていいですよね。これを本当は一番試してみたかったかもしれません。シンプルな黒いボトルもスタイリッシュですし、この勢いでさっそく買ってみました!

『クリアネオ』は、全方位のニオイをすぐ消す効果が期待できます

『クリアネオ』が欲しかった理由は単純で、例のシンプルでスタイリッシュな黒いボトルを使いたいということだったんです。

値段的にはラポマインやノアンデと同じくらい、汗を止める成分は塩化アルミニウムではなく、イソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛、その他植物エキスがいろいろ入って、鉱物油やパラベンはなし…という点も、似たり寄ったりかなと思っていたので、正直効き目にそれほど違いがあるとは期待していませんでした。

だけど、届いたクリアネオをすぐワキに塗ってみたら、なんか違うんです。その日までは外食続きでお肉料理が多くなっていたので、ちょっと動くだけで汗のニオイがツンとしてきていました。

そういうわけで、クリアネオが届いたときは説明書のようなものもロクに読まず、開封して、両ワキをアルコール入りのウエットティッシュで拭いて1プッシュずつ塗り込み、すぐにまた仕事に戻りました。

この塗りやすさ、馴染みやすさは忙しい時に助かりますね!あこがれのボトルをじっくり眺める間もなかったです(笑)こんな汗のニオイがキツい日に限って忙しいんですけど、『アレっ…汗が出ない…ツンとこない!』と、塗ってから30分くらい経って気づきました。

いくら、この手のちょっとお高めな制汗剤を買っても、塩化アルミニウムで完全に汗腺を塞ぐわけではないですから、どうしてもニオイってちょっと上がってくるんですよね。

だから、追い塗りというか、最初に塗って30分くらい経ってからニオイを確かめ、ちょっとでもニオイを感じるようならまたダメ押し塗りするんですけど、クリアネオはその必要がなかったです。

その日はかなりカラダを動かしたけど、お風呂に入るまで塗り直しは不要で、汗のことを忘れていられました。もちろん、足にも塗ってます。足はブーツで密閉されるので、いくらクリアネオを塗っていてもブーツを脱いだら臭うかな…と思ったんですが大丈夫でした。

ちなみに、どこでブーツを脱いだかというと、地味に病院の待合室。持病があるもので(笑)。こういう時、けっこう気になるんですよね。

私は足のニオイのほうがワキより気になるので、待合室が混んでいたりするとすごく靴をぬぐのが嫌で、他の患者さんにも申し訳なかったんですが、クリアネオを塗っておいたら無臭で、ほんとに安心できました。

とにかく、クリアネオはワキにも足にも、効きが早い上に長持ちします。長時間の外出のときは手放せませんね。

『クリアネオ』の口コミはどう?

いつも思うことですが、この手のデオドラントって口コミ評価がまっぷたつに分かれますよね。クリアネオも同じで、Amazonレビューなどを見ても、星1つか星5つかのどちらか、という感じで『ほどほどに効いたから星4つくらいか?』というのをあまり見かけないんです。

やはり、市販品の脇汗対策グッズに比べて値段も高いですから、期待度も高いのでしょう。『効かない』口コミと『良かった、もう手放せない』の両極端な口コミがあるのは、ラポマインとかと同じですね。

だから購入するかどうか迷っても、買ってみなければわからないということでしょう。どの制汗剤も悪い口コミはすごく感情的に悪しざまに書かれているので、デオドラント業界も競争が激しくて大人の事情が裏にあるのかな…と、ついうがった見方をしてしまいます。

あと、クリアネオは返金保障をうたっているものの、使いかたを工夫してもう少し使ってみてくださいと言われ、なかなか返金してもらえないという口コミも多く、これは本当らしいです。私は、使ってみておおむね満足でしたね。

ボトルもかっこいいですし、浸透が早いので塗り直しもスピーディにできますから、夏場はメインに使いたいと思いました。

クリアネオは効果ない?本当のところはどうなの?

クリアネオは効果ない、という口コミの中でよく見られるのは『あとからニオイがしてくる』というものです。これはクリアネオだけではなく、ラポマインなどでも同じですね。

何度も書いている通り、完全に汗のニオイを発生させないためには、塩化アルミニウムで汗腺を塞いでしまうしかありません。

皮膚科で処方される塩化アルミニウムや、塩化アルミニウム系のデトランスαであれば脇汗そのものを止められる上に、一度塗ると効果は3日から1週間とも言われますが、どうしても肌を傷めるので私には無理なんですね。

だからイソプロピルメチルフェノール系の穏やかな制汗剤を使うことになります。そのため、この系統の制汗剤で『完璧』はないと思った方がいいです。ニオイがしてきたら、キレイに拭いてもう一度塗り直すしかないのが本当のところです。

こればかりは、ニオイの度合いによって使う人の感じ方が違ってきますので、満足できない方が出てくるのは止むを得ないことでしょう。それでも効き目は、やはり高いだけのことはあって、ドラッグストアでお買い得に売っているものよりは、はるかにいいんですけどね。

クリアネオは、薬局(ドラッグストア)やAmazon、楽天でも買えるのか?


クリアネオも、ドラッグストアでは売っていなくて、通販でしか購入できない商品です。Amazonや楽天では購入できて単品買いもできますが、クリアネオはいわゆる定期購入の回数縛りがなくなったので、わざわざAmazonや楽天で購入するメリットはあまりない模様。

楽天なら、クリアネオの公式ショップがあるので、そこから購入してもいいですね。ちなみに、Amazon価格は2017年3月現在で5640円です。

楽天のクリアネオ公式ショップでは定期便が4980円(送料無料)、単品購入は5980円で、そこに送料や代引き手数料がプラスされます。

この点はクリアネオの公式ページと同じなので、どちらで買ってもいいと思いますが、楽天のポイントを貯めている方なら、楽天のクリアネオ公式ショップから購入したほうがいいかもしれません。

クリアネオの公式は、定期購入の回数縛りがなくなっているので、最初に4980円で購入して解約するのもOK。そのためAmazonから単品購入するのは、ちょっと損かもしれません。この効き目で4980円と思うと、ちょっと得した気分になれました!