大量のワキ汗を止めたい!いい方法はどこにある?

stop

汗っかきな方をはじめ、ワキガや多汗症など、汗の問題を抱えている方は、何より大量のワキ汗で悩むことになります。

単なる『汗っかき』だけでも、1日に何度も着替えないといけないほどのワキ汗をかいたり、ワキの汗ジミが気になるなど、様々な問題が生じてきます。

大量のワキ汗を止めるには、いったいどうしたらいいのでしょうか?

大量のワキ汗の原因を知る

人は誰でも、怖い思いをしたり、恥をかいたりするとドッと汗をかきます。
また、激しい運動や重労働の後にも大量の汗をかきますね。

それなら、大量の汗といっても正常です。
問題は、通勤時や仕事中に大量のワキ汗をかくことなのです。

以前、NHKアナウンサーの女性も、オンエア中に目立つほどのワキ汗をかくのが、ネットで話題になりました。

有名人もワキ汗で悩んでいるのですね。

大量のワキ汗の原因は様々です。緊張した時もあれば、ストレスが募った時、あるいは更年期のホットフラッシュによるものや、発汗の制御がきかない多汗症であるなど、自分のワキ汗の原因は何なのか、まずは突き詰めてみましょう。

人前で恥をかきたくないなら、やはり制汗剤の助けは必要

hitosasiyubi
ニキビ体質でずっと悩む方がいるように、汗の悩みもまた体質です。

汗っかきな人は、常に肌が湿っているため乾燥せず、ニキビで悩むことがなかったりします。

ただこれがワキ汗となると、周囲の目が気になり、やはり恥ずかしいもの。

この『体質』そのものはなかなか治せませんので、人に見えるワキなどの場所は制汗剤で汗を止めてしまうという選択もアリです。

ボトックス注射では半年ほど汗を止められますが、腋窩多汗症と診断され保険が効いたとしても、3万円から5万円かかります。

保険適用になったワキガの手術が5万円くらいなのに、ボトックス注射は半年に1度同じくらいの出費があるのですね。

これは悩みの強さ次第ですが、ボトックス注射や手術に踏み切れないならやはり、サクッと制汗剤です。

ラポマイン、デオプラスラポ、デトランスαなどの優れた制汗剤で、大量のワキ汗とにおいをシャットアウトしてしまいましょう。

緊張や更年期障害なら、漢方での治療も視野に入れてみましょう

kanpo
最初に書いたNHKの女子アナウンサーは、ワキ汗を気にして漢方の治療も実践してみたら、ある程度の改善があったということでした。

漢方薬はワキ汗を止める薬ではありませんが、自律神経のバランスを整えたり、身体の水分を尿として排出し、汗の量を減らす効果があります。

制汗剤と漢方での治療を併用しながら、徐々に汗の量を減らしていくのが好ましいですね。

ワキ汗に効く漢方は、インターネットで調べるとかなり出てきますので、どれを選んだらいいかわからなくなることもあるでしょう。

そんな時は、とりあえず五苓散(ごれいさん)を試してみましょう。
五苓散は、もともとは二日酔いに効く漢方薬でしたが、最近は全身の不調に使われます。

特に利尿作用が強く、むくみや身体の水分バランスを整える効果があるため、早くアルコールを排出してしまいたい二日酔いの方は五苓散を飲むことになります。

そのため、五苓散を飲んでいるとオシッコの量は多くなりますが、その分汗の量は減らせます。

また、ワキ汗治療関連ではあまりネット上に上がってきませんが、更年期障害や生理の諸症状に有効な漢方薬として、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)があります。

桂枝茯苓丸は、女性特有の不快な症状全般を改善し、とくにストレスやのぼせを軽減します。

ストレスを減らすと血行がよくなり、のぼせを止めるとホットフラッシュによる大量の発汗もある程度防ぐことができます。

五苓散、桂枝茯苓丸ともに自律神経の乱れを整える効果にすぐれています。

特に五苓散は、軽い頭痛やめまい、胃部不快感、むくみ、と自律神経からくる悩みに効いてくれますので、いつも口がかわいていたり、尿量が少ないのにワキ汗はいつもじっとり、という方にはしばらく飲んでみて欲しい漢方薬です。

ただ、漢方薬の効果はすぐに現れるわけではなく、徐々に体質が改善されていきますので、気長に取り組むことが大事。

五苓散、桂枝茯苓丸などはまだ保険適用になりますので、多汗に理解のある内科の先生に処方してもらうと処方箋を出してもらえます。

自律神経と身体の水分バランスが整うと、気分も良くなり汗そのものが少なくなっていくこともありますので、漢方はぜひ取り入れてみたいですね。

当サイトおススメ!脇汗対策の決定版

女性も子供も安心してお使い頂けます。 公式サイトで安心の90日間返金保証! モンドセレクション受賞 · 90日間は返金保証あり!